FC2ブログ

ドスコイこなつ。






こなつは週2ペースで点滴に通いながら

月1で血液検査をして状態を診てもらっています。


昨日がその血液検査の日でした。



結果は

腎臓の2項目

BUN 68.4 → 64.0

クレアチニン 3.1 → 2.5


先月よりちょっと良くなっていました。





そんな予感はしてたんだ~。

毎日見ていると

なんとなくわかってくるもんです。



2019091101.jpg







体重はどすこい!!

過去最高の2.4キロをキープ中

ずっとベスト体重は2キロ前後でした。

10歳を超えたあたりから

徐々に増え始めたんですよね。




ひなたもそうだったけれど

年を取ってなにかあるとすぐに減るから

この増量分は

余力

長生きするための蓄え

・・・なんだと思う。



2019091102.jpg







昨日の病院代は

点滴・血液検査2項目・1か月分のお薬

これ全部で4968円でした。


再診料とかないんですよ。

いろいろあったけれど、金額面では助かっています。









2019091103.jpg







食べないこと

それが一番よろしくないので

細かい栄養素のこととか

あまり縛られず

美味しく楽しく♪

それが一番よ・・・ねっ。









こなつを撮っていたら

あっ、背後に





2019091104.jpg







今日もゴロピカでしたが

雷嫌いな背後の子も

気候に負けず

体調を保てているようです。











放置されていたこの子(ブルーダル)とか


2019091105.jpg











この子(ティム)


2019091106.jpg







こんな光景も癒しです。







2019091107.jpg












やったのは


2019091108.jpg






間違いない。


スポンサーサイト



2019/09/11 23:59 | 病気と病院  TOP

それぞれの体調。




今日は午前中にほの

夕方にこなつの病院でした。



ほのは

6月中頃から約一か月咳がひどくて

心配だったのですが

梅雨が明けた頃から

ウソのように減って

最近は、ここ二年ほどの間で

一番咳が少ないかもってくらい

絶好調です。





咳がひどかった時

家族で話し合って

この先、もしもひどく悪化するようなことがあれば

手術も選択肢に入れていこうということになりました。



今日は、そのことを先生にお話しました。




 今日お聞きしたことのまとめ 

*今はまだ手術の段階ではない

*ほのの体重でも手術は可能

*年齢的には12歳くらいまでが理想

*利尿剤が必要になった時が考える時

*今までの成功率はだいたい90%







体は手術に耐えられても

その後の入院に気持ちが耐えられるのか

それが手術と同じくらい心配なんです。

ほのをご存じの方は

わかってくれると思いますが。



このまま今のお薬で細く長く

それが一番なんです。



あーーー

ほののことを考えるのは

今日は、ここまでにしとこう。






帰り道の寄り道

楽しみにしているので

公園にちょっとだけ寄りました。

2019080601.jpg













2019080602.jpg

















2019080603.jpg









お花を撮っている時に

目の前をフワフワと蝶々が飛んでいきました。










2019080604.jpg








「きっとお兄ちゃんやね、ほの。」









2019080605.jpg








そして夕方

こなつの点滴に行きました。



今日は血液検査をすることになっていたのですが

結果

腎臓の数値がまた悪くなっていました。



なんとなく予感がしてたんだよね。

食欲もなくなってきたし。


しばらく点滴の回数を増やすことになりました。




振り返ってブログなどを見てみると

ひなたの食欲が減退し始めたのも

15歳を過ぎたあたりからでした。






ショックだな・・・。






カメラを持って行ってたのに

ショック過ぎて、そのことを忘れて帰ってきてしまいました。






マンションのエレベーターの中で。

2019080606.jpg











鏡越しにほの。



2019080607.jpg


ほのは今の調子で頑張って!!






このお洋服で並んだ背中を撮ろうと思っていたのにな。


2019080608.jpg










今の腎臓ケアのフードは全く食べないので

たんぱく質少な目の別のフードを注文してみました。






2019080609.jpg








見た目はこんなに若々しいのに。









2019080610.jpg





がんばろう!

うん!!




2019/08/06 23:18 | 病気と病院  TOP

その後。



昨夜の地震

大丈夫でしたか。


きっと大変だろうと思い

昨夜は個人的に連絡をするのは控えました。


ちょうど一年前の同じ日

大阪が地震でした。


新潟も山形も大切な人がいるので

遠くても気持ちは近い地域です。


怪我をされた方、被害に遭われた方の回復をお祈りしています。




+++++



前回のブログを見てくださったみなさんが

たくさん連絡をくださいました。




決して近くとは言えない距離なのに

次の通院は一緒に行きましょうか。

と言ってくださった方も。




みなさん、本当にありがとうございます。


こなつのために頑張るよ!!





昨日、近所の頼れる友達が付き添ってくれて

三度目の点滴に行ってきました。


看護師の態度や言葉遣いは置いといて


* 点滴に要する時間が短いと感じること
* 点滴後、こなつの体が液でタプタプしていないこと
* 点滴後もトイレの量があまり変わらないこと




問題は、この3点です。



友達のアドバイス通りに

穏やかに感情的にならず

先生にお話ししました。





昨日は、問題の看護師はお休みで

先生が点滴をしてくれたのですが

終わった後

こなつの体は液でタプタプでした。






これで

前回二回の看護師の点滴が

どういう状況だったのか想像できますよね。




先生は必死に(子供みたいな)言い訳をしてましたが

この事態を一番わかっていたはずです。





「これからは僕が点滴をします。」と最後に言いました。







個人的な感想ですが

近くにたくさん動物病院はあっても

ここ!と思える病院はないに等しいです。




そして、もしも

どんな立派な病院に通っていたとしても

結局、最後は「人」なんですよね。



昨日いた看護師さんは笑顔の優しい雰囲気のよい方でした。

それだけで気分がよかったです♪




正直なところ

先生は信頼に値する方ではありません。





なら、なぜ通うの?と思われるかもしれないけれど

腎不全の点滴は通院の頻度が高いので

少しでも負担が少なくなるように

出来るだけ近くの病院にしたいのです。



万が一の時は

ほのがお世話になっている先生のところに

駆け込みます。


遠くなければ迷わずこなつもそこでお世話になっているのにな。






看護師の対応がきっかけでしたが

それ以上にもっと大きな問題でした。




昨日はチッコもたくさん出ました。

ほら、やっぱりね。





不信な点を自信を持って話せたのは

ひなたと点滴に通った日々があったおかげ。

ひなた、ありがとう。



もうすぐ夏至がやってきます。





2019061902.jpg




2019/06/19 14:45 | 病気と病院  TOP

今日のところは耐えました。




今日はこなつの二度目の点滴でした。



ごめんね。

楽しくない話なので迷ったけれど

やっぱり書きます。





こなつは今まで月一通院で

転院して約一年経ちました。


クセの強い先生にも割と慣れてきたところで

前回から皮下点滴が始まりました。



この病院

診察室で先生は立った状態で診察します。

なので、診察台もそれに合わせて高いです。



こなつは高い台の上に乗せられ

私は手が届かない距離に置かれたイスに座らされ

ちょっとでも立とうもんなら

看護師さんに注意されます。



今までいろんな病院に通ったけれど

初めてのスタイルで

最初は戸惑いました。




「飼い主さんはそばにいて安心させてあげてくださいね」

ってのが普通だと思っていたから。




そして皮下点滴については

ひなたが長いこと通っていたので

そのイメージでした。




ここの病院は

点滴は看護師さんのお仕事のようです。

前回のこなつの初めての点滴

150CC入れると聞いたのに

あっという間に終わりました。



経験ある方はわかると思いますが

体もそれほどタプタプしていなかったんですよね。





私が座らされているイスからは

どのようにされているのか全く見えない状態でした。



二度目の今日

確認したくてイスから立って

手元が見える方に行きました。



「座ってください

看護師さんがきつい口調で即座に言ってきました。



「どういう風にしてるのか見せてもらいたくって

前の病院と違うようなので」

私は言いました。





「そんなに違いますか?]

普通の注射ですけど




この時の看護師さんの表情や口調

言葉じゃ伝えられない。

リアルに見てもらいたかった。





注射と点滴は表現の違いレベルだと思うです。

でも150CC

そんなあっという間に入るのかな。

今日も、本当

あっという間でした。


トイレの量も変わってないし。


疑問だらけなんだけど

それ以前に

とにかく常にけんか腰なあの口調では

会話にもなりません。



耐えました、今日のところは。


疑問に思うことは

次回、先生に聞けたら聞こうと思います。


2019061601.jpg





ほのは落ち着いたけれど

こなつはまだまだ病院ジプシーだわ。


2019/06/16 15:28 | 病気と病院  TOP

ついに、こなつも。




今日はこなつの検診でした。


今日の血液検査の結果

腎臓の数値が悪化していたので




ついに

こなつも

点滴を始めることになりました。




もうすぐ15歳だもんね。

仕方ないよね、これは。

薬だけで

よくここまで持ったのかもしれないわ。





しばらくは二日に一度のペースで通うように

先生に言われました。





2019061401.jpg





普段の生活で

特に変わったことはなにもないし

ひなたの数値に比べれば

まだまだ全然

きっと、点滴でいい方向に復活すると信じて通おう。





2019061402.jpg






沈まずに

前向きね!






2019061403.jpg




あぁ、でも

二日に一回か・・

結構ハード。






2019061404.jpg



こなつと二人三脚で

いや

二人五脚

あっ

お留守番できないあの子が

常について来るんだった。





三人何脚だ???

とにかく、みんなで

ばんがろっ。


2019/06/14 21:36 | 病気と病院  TOP

 | BLOG TOP |  NEXT»»